お散歩日記。


瞬く間に消える花。

地元の花火大会に行きました。
自宅から徒歩3分程度。
昼過ぎから、会場付近はすっごい渋滞で。
通常人口の数倍は押し寄せただろうなぁ…。

色のついた光が、すっごく眩しかった。
一瞬のその瞬間に全てをかけて完全燃焼って感じだよね。花火って。
おっきなのもあれば、一つ一つは小さくても寄り集まっておっきくなったのもある。どぉ~んとド派手にあがり続けるのもある。

「一瞬に全てをかける」て辺りで、人間に例えられるのを耳にしたことがある。
一瞬一瞬にいちいち全てをかけてたら、さすがに疲れちゃう。
でも「ここだっ!!」て自分が思った時や「うぅ。負けちゃうよぉ~!!」てヘコみそうになった時には、自分の全て(=できる限りのこと)で立ち向かう人でありたい。
年々ド派手になる花火を目を細めて眺めてたら、そんなことを思いつきました。

一瞬で消えちゃうのに、その姿は人々のココロから消えることがない。そんな不思議な魔法の力をもった花火さん。
真上であがって、自分が吸い込まれそうになる感覚が大好きです。
[PR]
by kanuma0926 | 2005-07-31 00:58 | 日常。

<< 究極の癒し。      ことばとことばのむこうのせかい。 >>

いろいろ考えたことを文字に起こしていきます。
by kanuma0926
カテゴリ
全体
日常。
ベンチで寄り道。考えたこと。
お散歩きーわーど。
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧